ブランド買取の準備って何をすれば良いの?

売る前にクリーニング

サイト項目

ブランド買取はギャランティカードなどの付属品が重要

ブランド買取の申し込み時に査定額をアップさせるためには、できるだけ購入時に近いクオリティであることが大切になります。 商品に傷や汚れがないかという見た目や状態だけではなく、ギャランティカードなど購入時についていた付属品もできるだけ揃えておくことも査定に影響を与えます。 ブランド買取店は買い取った品を再販売する際に、付属品が揃っているものほど高値で売ることが可能です。

保証書があれば購入時期や購入場所がわかり本物の証明ができるだけではなく、正規代理店に修理に持ち込むことも可能になります。 そのような商品は売れやすい商品となるためブランド買取店も買取を望んでおり、買取が成立せずに他店に持ち込まれるのを防ごうとして買取価格に反映されます。 特に時計の場合は詰めたベルトの駒なども重要なアイテムとなり、ブランドによっては駒一つで数千円の差がつくこともあります。

時計が入っていた箱や説明書も他のブランド品に比べて価値が高く、ない場合には買取を断られることもあるので必ず取っておく必要があります。 また偽物が多いブランドなどはギャランティカードと商品のタグのシリアルナンバーの一致によって本物である証明ができるためギャランティカードがない場合には買取をしないというブランド買取店もあり、なくても買取をするというブランド買取店でも査定額をとても安くされることもあります。

バッグの場合はブランドロゴの入った保存用の袋や鍵も一緒に査定に出すときは、これらの付属品にも汚れがないか調べて汚れがあればふき取っておき、保存用の袋が布でできている場合には洗濯が可能なため洗って見た目をきれいにしておくと査定によい影響を与えることがあります。 袋や箱がきれいであれば商品自体も丁寧に扱っていた、保存状態がよいという印象を与えることもできます。

コートなどの洋服の場合はスペアのボタンや布なども一緒に査定にだし、バッグなどと違って保証書などがついていないため取ってあれば購入時のレシートをつけると査定額が高くなることもあります。 特定の人気のブランドの場合はブランドの紙袋や包装用のリボンも査定に反映されることがあります。 ブランド品は古くなっても状態がよほど悪く使うことができないような状態以外はほとんどが買取して貰うことが可能なため、購入したり貰った場合は使わない付属品も捨てずにきちんと保管しておくことが買取に出す際にはとても大切になります。

Copyright(C)2015 ブランド買取の準備って何をすれば良いの? All Rights Reserved.