ブランド買取の準備って何をすれば良いの?

売る前にクリーニング

サイト項目

ブランド買取の手入れ知識。デリケートな性質を持つ品に効果的なケアをする

ブランド買取の手入れ知識として、デリケートな性質を持つブランド品への配慮があります。特に、ブランド品のレザーには繊細な高級レザーが使用されている例が少なくありません。この為、品物の価値を長く保ち続けるにも、ブランド買取の店舗で良好な査定結果を得るにも、適切で効果的なケアが大切になります。

ブランド買取で取り扱われるブランド品の中で、デリケートな性質を持つ物の1つがレザー製品です。レザーは頑丈で長持ちするイメージがあるものですが、ブランド買取で取り扱うブランド品に使用されるレザーは意外と繊細で、特に水分が痛みや汚れの原因になります。この為、レザー製のブランド品には、特に取り扱いを注意しなければいけません。

レザー製のブランド品に効果的なケアは、まず、レザー毎の種類と性質とを把握しておくのが大事です。どのレザー製品にも共通するのは、入手直後に行う作業になります。使用前に防水スプレーやクリームの塗布を済ませておきましょう。特に防水スプレーはレザーを雨シミ等のトラブルが生じにくくしてくれるだけでなく、表面の細かい凹凸や穴を塞いで汚れが付きにくくしてくれます。防水スプレーはフッ素系の物を使うと良いでしょう。通気性を保ったまま、防水と防汚の効果が得られます。

表面が起毛になっている製品であれば、スエード専用のブラシを利用したブラッシングを行います。レザー製品は意外と汚れが付着しやすく、少し使用しただけでも汚れてしまうものです。汚れはクリーナーの利用や消しゴムによる処置で汚れを落とす事はできますが、あまりに酷い場合は専門知識が無いと対処が難しくなってしまいます。日常的にセルフメンテナンスを行っておけば汚れにくく、汚れた場合も自分で対処しやすくなるでしょう。

レザー製品を使用中、どうしても雨に濡れてしまう事もあります。放っておくと雨シミが生じる場合もありますので、まずは清潔で乾いた布を用いて吸水しましょう。その後の対処法は品によって異なりますが、どの品にも共通するのが陰干しを徹底する事です。物によっては乾かした後にクリームを塗布する必要があるものもあります。メンテナンスの段階で慌てないように、入手前に品物が濡れた時の対処法も調べておくと良いでしょう。水で生じたシミはレザーメンテナンスの専門家でも難しいものですので、予防と対処は確実に行う必要があります。

ブランド買取の専門店等でブランド品を売却する際は査定員が品物の状態をチェックしますが、店によってはメンテナンスの状態により査定額が異なる場合があります。この為、デリケートな性質を持つ品は特に効果的なケアを施しておくのが大切です。

Copyright(C)2015 ブランド買取の準備って何をすれば良いの? All Rights Reserved.