ブランド買取の準備って何をすれば良いの?

売る前にクリーニング

サイト項目

ブランド買取における買取店とオークションの違い

自宅に長期間保管されていて、今後も使用する予定がないブランド品の数が多くなった場合は、これ以上品物が増えて押し入れや物置で広い保管スペースをとる必要がでてくる前に処分する必要があります。現在、このブランド品の処分方法として主流なのが、ブランド買取専門店を利用する方法と、オークションを利用する方法ですが、これら2つの方法にはどのような違いがあるのでしょうか。

ブランド買取において買取店とオークションの間には様々な違いがあります。まず、売却価格については買取店に依頼するよりオークションに出品したほうが高値がつきやすいといわれています。買取店では市場での売買動向や品物の保存状態をもとに売却価格が決まりますが、オークションだと市場の動向に関係なく、入札者の動向次第で売却価格が決まるため、入札者の中に「どうしてもその品物が欲しい」と思っている人が多数含まれていると、予想以上の高値がつく可能性があります。

ブランド買取専門店がオークションより優れているのは、利用する際に費用が一切かからないという点です。ブランド買取専門店ではスタッフが査定を行って売却価格を出しますが、このときに査定料は一切発生しません。また、宅配買取を利用すると、査定して欲しい品物を宅配便を通じて店に送らなければなりませんが、この時は着払いで発送しなければならないため、料金を負担する必要がありません。オークションに出品すると、出品する所によっては出品手数料を支払わなければならない場合があるほか、落札者に対して品物を送付する際の梱包資材の調達費用や配送料については基本的には出品者側で負担しなければなりません。オークションでは入札者が現れなければ売却することができず、出費した分をすぐに取り戻すことができない場合があります。

また、ブランド買取専門店では運営がしっかりしている店を利用すれば店側とのトラブルが起きる可能性は低いですが、オークションに出品した場合は、代金の振込先や品物の発送方法、クレームや返品の可否など、ルールをしっかり決めておかなければ、入札者との間でトラブルに発展するおそれがあるので注意が必要となります。

ブランド買取専門店とオークションを使い分ける場合は、値段にこだわりがなく、楽にブランド品を処分したいと考えているのであれば専門店を、どれだけ時間がかかっても良く、手間がかかっても良いので高値で処分したいと考えているのであればオークションを利用すると良いでしょう。

Copyright(C)2015 ブランド買取の準備って何をすれば良いの? All Rights Reserved.